Loading

『三国天武』神器#13 盾系武将のおすすめ共通神器を考察

三国天武 盾神器おすすめ 龍鱗甲

三国天武に新たに実装された「神器」システム。武将を強化できる仕組みで、各武将タイプごとに4種類の武器が用意されています。今回は、盾系武将のおすすめ神器をご紹介致します(。・ω・。)

盾系武将神器『玄鏡甲』

sangokutenbu_jingi_tate_01

【神器スキル】 26.4%のダメージ軽減効果の獲得

【銘文スキル】
1. 明:受ける治療効果が25%上昇
2. 光照:体力20%を下回ると、すぐに闘気を3秒回復
3. 鉄意:異常状態時、ダメージ軽減10%獲得

【考察】 ダメージ軽減効果なので、どの盾武将にでもヒットしかつ強い神器です。特に最近出た魏武曹操につければ、更に硬く厄介な武将になります。この共通神器はどの武将とも相性が良いので、汎用性を考慮して銘文スキルは3つ目の「鉄意」で異常状態ダメージも軽減するのがおすすめです。特に悪来典韋につければ、突っ込んだあとは異常状態の嵐なので、長生きに繋がります。

盾系武将神器『獣面甲』

三国天武 盾神器おすすめ 獣面甲

【神器スキル】 スキル発動後、周囲のユニットを威嚇し、最大4体の敵目標に対し760ダメージを与える

【銘文スキル】
1. 威圧:3秒間、怯えさせた目標の攻撃速度と移動速度を40%軽減
2. 震撼:威嚇のダメージが30%上昇
3. 神威:威嚇の範囲が30%増加、ダメージ目標数が5つに上昇

【考察】 この神器、魏武曹操が出るまではアクティブ武将の悪来典韋がメインであったためおすすめできない神器でしたが、魏武曹操につければ化けます(守りの魏武曹操に高い攻撃力が追加される)。魏武曹操は敵武将がスキル発動すれば自身もスキルを発動するので、非常に多くのスキル発動回数を誇ります。この神器は1回あたりは合計3,040と小さいですが、スキル発動回数・頻度が非常に多いためかなり強力なダメージを与えることができます。銘文スキルの追加開放は、震撼を開放して、ダメージをさらに高めるのが良さそうです(。・ω・。)

盾系武将神器『龍鱗甲』

三国天武 盾神器おすすめ 龍鱗甲

【神器スキル】 5秒ごとに体力を900回復

【銘文スキル】
1. 鱗甲:30%のスキルダメージ軽減効果を獲得
2. 強靭:体力が50%を下回ると、神器スキルの回復効果が30%上昇
3. 無隈:異常状態の時間30%減少

【考察】 この神器は、盾武将にちょっとした自己再生能力をつけることが出来ますが、そこまで効果が高いわけではないのであまりオススメはできません。もちろん多少の長生きはできますが、5秒間で900というのはかなり低いです。銘文スキルは『鱗甲』はかならず開放しておきましょう。汎用的なダメージ軽減効果を獲得できるので、神器スキルは忘れてそういう神器だと思っても良さそうです。

盾系武将神器『鳥金甲』

三国天武 盾神器 オススメ

【神器スキル】 体力が初めて25%を下回ると、すぐに54%のダメージ軽減効果を獲得し、6秒間持続

【銘文スキル】
1. 玄盾:神器スキルのダメージ軽減効果が2秒間増加
2. 鉄壁:神器スキル効果終了後にすぐ自身の最大体力の20%を回復
3. 破除:神器スキル状態を触発すると同時に自身の異常状態効果を解除

【考察】 ギリギリの状況での生命力を高める神器です。魏武曹操以外の盾武将では、現環境ではマッチする武将はいないです。魏武曹操と同じようなスキルで、魏武曹操につければ25%下回った際に6秒間更に硬くなる感じになります。銘文スキルは、『玄盾』や『鉄壁』をつけるとより魏武曹操が長生きできます。3つ目の『破除』については、盾武将はターゲットに取ってくれればよく、異常状態にかけられても別に怖くないので、あまり優先度は高くないと思います。

いかがでしたでしょうか。おすすめの神器x武将の組み合わせございましたら、是非コメント欄にてご意見ください♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

神器関連記事

神器に関するその他の記事もまとめてますので、是非お立ち寄りください(。・ω・。)

『三国天武』#B04 名馬『照夜玉獅子(しょうやぎょくしし)』のおすすめスキル発動タイミング・騎乗武将

『三国天武』神器#21 顧曲周郎(吉札周瑜)専用神器『焦尾琴』でスキルダメージMAX40%上昇!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


New Article

  1. 三国天武 日貫槍
  2. 沙盤演武 イベント やること流れ
  3. あだち充 ポジション別登場人物まとめ
  4. 三国天武 神君陸遜(吉札陸遜)
  5. sangokutenbu_syoi

人気記事

  • 該当なし
PAGE TOP