Loading

『三国天武』神器#10 剣系武将のおすすめ共通神器を考察

三国天武 剣神器 怒蒼剣

三国天武に新たに実装された「神器」システム。武将を強化できる仕組みで、各武将タイプごとに4種類の武器が用意されています。今回は、剣系武将のおすすめ神器をご紹介致します(。・ω・。)

剣系武将神器『斬蛇剣』

三国天武 剣神器 斬蛇剣

【神器スキル】 スキル発動後に自身を強化、攻撃が200上昇、攻撃速度が70%上昇し、3秒間持続

【銘文スキル】
1. さんび:神器スキルの強化効果の持続時間が1秒延長
2. 斬断:体力が50%を上回る目標を攻撃時、攻撃力+20%
3. 未刃:体力が50%を下回る目標を攻撃時、攻撃力+20%

【考察】 剣武将の中でも、純粋な攻撃力で戦う武将にぴったりな神器です。戦神呂布や武神子龍、無双武将趙雲と相性が良い神器です。銘文スキルは、体力50%以上か50%以下、どちらに対して強力なダメージを与えたいかによって変わります。宝の効果で剣武将は体力が50%未満の時間が多く、盾武将は体力50%以上の時間が長いので、この点踏まえてどちらかを選ぶ感じです。今の時代だと、やはり魏武曹操が強いので、盾武将相手の『斬断』が良いと思います。

剣系武将神器『干将剣』

三国天武 剣神器 干将剣

【神器スキル】 スキルダメージが24%上昇

【銘文スキル】
1. 啓霊:スキル発動後に体力500回復
2. 焼入れ:シールドを持つ目標に与えるスキルダメージが30%上昇
3. 怒意:体力が初めて20%を下回ると、闘気が4秒回復

【考察】 剣武将の中でも、スキルによりダメージを与えるタイプの武将にぴったりな神器です。武神子龍につければ連撃のダメージがよりUPし、一撃で武将スキルを倒しやすくなります。銘文スキルはどちらも魅力的です。武神子龍はスキル発動で長生きできるようになる武将なので、背水と同じ効果の「怒意」が相性は良さそうですが、最近は江東二喬×臥龍諸葛のダブルシールドが非常に強力なので、2つ目の銘文スキルでシールドへのダメージアップが良いと思います(。・ω・。)

剣系武将神器『怒蒼剣』

三国天武 剣神器 怒蒼剣

【神器スキル】 通常攻撃で5回に1回剣気突撃を付帯し、範囲内の敵ユニット最大3体に対し248ダメージを与える

【銘文スキル】
1. 突撃:神器スキルのダメージが30%上昇
2. 気炎:神器スキルで目標1体を追加で命中させることができる
3. 灼熱:各レベルの赤色銘文が攻撃速度を2%増加

【考察】 この神器は通常攻撃の回数でスキルが発動するので、通常攻撃が多い剣武将『無双趙雲』や『武神子龍』、『白衣呂蒙』にあう神器です。ただ、5回に1回、約700ダメージ程度を与えるだけなので、銘文スキル『突撃』を付与しないとなかなか実践では使いづらい印象です。気炎も開放できれば、248ダメージ×4体×30%増で1,300程度ダメージを与えられるようになります。

剣系武将神器『鎮岳剣』

三国天武 剣神器 鎮岳剣

【神器スキル】 シールドを持つ目標に与える通常攻撃ダメージが80%上昇

【銘文スキル】
1. 利刃:シールドを持つ目標に与える通常攻撃ダメージが再度25%上昇
2. 抑制:通常攻撃で目標の攻撃力を25%低下させ、2秒間持続
3. 権能:通常攻撃で20%の確率で目標を眩ませ、1秒間持続

【考察】 1つ目の神器と同じく、剣武将の中でも純粋な攻撃力で勝負する無双趙雲等にピッタリの神器です。最近はシールド持ちの武将も多いので、こちらの神器でも良いと思います。三国天武は一秒で大きく戦局が変わるので、確率は低いですが、『権能』で相手を眩ませられたら、スキルも停止させることができる等かなり大きいので、『権能』がおすすめです♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

いかがでしょうか?おすすめの神器x武将の組み合わせございましたら、是非コメント欄にてご意見ください♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

神器関連記事

神器に関するその他の記事もまとめてますので、是非お立ち寄りください(。・ω・。)

[逆転オセロニア] 全プレイヤーが引くべきガチャオススメNo.1は超駒パレード

『ドラクエウォーク』効率よく強くなるためにレベル上げ以外で意識したいコツ・ポイント集

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


New Article

  1. CAFEonnnanoko15212650_TP_V
  2. sangokutenbu_tyoharuka
  3. 三国天武 専用神器 臥龍諸葛 八陣図
  4. sangokutenbu_kokyoku_taosikata
  5. ドラクエウォーク 混乱耐性 こころ

人気記事

  • 該当なし
PAGE TOP