2016
09.04
査定効率の高い投手育成理論

[パワプロ] 査定効率の高い投手育成理論(査定重視)

ゲーム

18278 Views

パワプロアプリで査定を重視した投手の育成理論をまとめました。日々新しい特殊能力追加等あり、最新ではないですが、是非査定の高い投手育成の指針にお役立てできればなと思っています(。・ω・。)

[パワプロ] 査定効率の高い投手育成理論(査定重視)

1. 変化球は3球種に止め、各々変化量4を目指す

変化球は、変化量1増やす毎に必ず査定がUPします!そして査定表を確認すると、

変化量は3→4に上げた際、最も査定効率が良くなる

みたいです!ということで、5方向4変化ずつで(。・ω・。)・・・とできればよいのですが、球種を増やせば増やすほど、おぞましい程のポイントが必要になります(ノд・。)

変化球は4球種目取得にかなりのポイントが必要になります(ノд・。)

ので、ロマンを求めず3球種で留めるのがベストのようです(オリジナル変化球を上手く組み合わせれば、ソマンも兼ね揃えた選手ができるかもです)

パワプロ_投手査定表_変化球

査定調査は頓挫しましたが、途中まで調べたデータがあり、そのデータには十分見る価値があると思うのでブログという形を取らせていただきました。選手育成に役立てていただけたら幸いです。

変化球査定表にかえて

2. コントロール・スタミナはキリの良さで止めない

スタミナ・コントロールで注意しておきたいこと、それは

コントロール・スタミナの査定UPは10刻みではない

ことです!査定重視で行くのであれば、「よし、Cまであげよう」ではなく、査定の区切りポイントを見極めて上げる必要があります(きりの良い所まで上げたくなりますが・・・)。そして査定ポイントで行くと、

コントロールは69→70(B)に上げた際に、査定効率が高くなる

みたいなので、出来る限りBまで上げていきましょう!

パワプロ_投手査定表_コントロール
パワプロ_投手査定表_スタミナ

コンはC69→B70で急に査定上がるけどスタはそんな感じではなさそうやねー。まああくまで「査定君との差を取った場合」の話やから実際はわからん

【パワプロアプリ】※感謝※投手の球速、コントロール、スタミナの査定表



3. 速球は152kmは欲しい(3km単位で変化)

球速についてまず注意しておきたいのが、

球速は140kmを超えて初めて査定の仲間入りをします

なので、球速が140に届かないような筋力ポイントの場合は、他の能力(スタミナや特殊能力)に割振りるのが良いです。そしてもうひとつ、

球速も1km/h単位ではなく、ある塊で査定がUPします!

ので、球速にポイント振る際は、査定表を見ながら割り振っていきましょう!中途半端になる場合は、スタミナや特殊能力に(。・ω・。)そして効率を考えた際に狙いやすいところが150km・152km辺のラインです。

スタミナは査定効率良しとはいえないので、できれば球速を150、152kmあたりまで持って行きましょう(。・ω・。)

パワプロ_投手査定表_球速

個別に調べた査定は能力の組み合わせで変化する場合もありますので査定表は参考程度にお使いください

Lucy’s Blog

4. 必要経験点の低い特能はどんどん直取り!◎には注意!

必要経験点の低い特殊能力はどんどん直取りしていきましょう(。・ω・。)

というのも、スタミナ・コントロールを上げるよりも、特殊能力のほうが手早く能力をUP出来ます

査定の高い特殊能力はノビ◎・球持ち◯・奪三振◯のようです

ただこの3つは必要経験点も高いため、コツを手に入れる選手をデッキに入れましょう(ノд・。) そして後もう1つポイントとなるのが・・・

◯→◎で査定の上がらない能力もある

ことです。打たれ強さやピンチ・対左打者◯は、◎にしたところで査定は変わらないみたいなので、この辺りは意識しましょう(。・ω・。)

パワプロ_投手査定表_青特殊能力
パワプロ_投手査定表_金特殊能力

5. 査定効率の高い選手サンプル

頑張って作ってますのでお時間下さい(ノд・。)

 この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます

 この記事を読んだ人は、稀に以下の記事も読んでいます

 人気記事らんきんぐ(。・ω・。)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。