2016
09.16
SAP よく使うトランザクションコード一覧

[SAP] SAP標準トランザクションコード一覧まとめ

SAP

2246 Views

SAPの標準トランザクションコードを一覧形式でまとめています。久しぶりに触れると「あれ、あのトランザクションコードなんだっけな?」となることも多いと思いますので、辞書代わりにご活用下さい(。・ω・。)

[SAP] SAP標準トランザクションコード一覧まとめ

SAP 会計期間関連Tr-CD

MMRV 前会計期間転記可能。対象の会社コードの現在開いている会計期間を確認できる
OB52 会計上会計期間OPEN

SAP パフォーマンス分析関連Tr-CD

SM50 プロセス一覧。詳細をクリックすることで、そのプロセスが利用しているメモリ使用量等が計測可能
SM66 グローバルワークプロセス。現在流れているプロセスを、リアルタイムに確認(ユーザ・実行時間・トランザクション等)したり、流れているプロセスを強制終了する
STAD 統計レコード選択:各プログラムの詳細パフォーマンス情報(DB・CPU・ネットワーク等それぞれのデータ量や、かかった時間等)が確認できる。デフォルトでは保持期間は2日間。処理が重いので取得対象の時間を絞ることが吉
ST03 サーバ負荷状況照会・ワークベンチ:ある時間帯に動いた機能の、実行時間やCPU使用量等の統計情報が確認できる。※機能単位、時間単位、ユーザ単位等、用途は様々。範囲は広いが、その分データは荒め

SAP 移送関連Tr-CD

SE01 移送オーガナイザ:
SE10 移送オーガナイザ:移送番号や、移送情報(移送に紐付いたオブジェクト等)を確認できる
SCC1 クライアント間の内部移送等が実施できる
SCMP ビュー/テーブル比較:テーブルデータの移送結果が確認できる

SAP 権限関連Tr-CD

PFCG 権限ロールの登録・更新:メニュー権限やアクセス権限の登録・更新ができる
SUIM 権限管理のメニューツリー:○○トランザクションコードを保持しているユーザをはじめとし、多方面で権限の調査に利用できる
SU21 権限オブジェクトの編集:
SU22 トランザクションコードから、チェックしている権限オブジェクトを照会
SU24 トランザクションコードから、割り当てられている権限チェックを無効化するか設定

SAP 開発・ディクショナリ関連Tr-CD

SE84 オブジェクトナビゲータ
SE11 ABAPディクショナリ:テーブル、各種構造体、ドメイン、検索ヘルプ、ロックオブジェクト等の登録・更新・削除が可能
SE19 BAdIビルダ:ClassicかNewかもここえ判断可能
SE37 汎用モジュールビルダ:汎用モジュールの開発やソースコード、各種パラメータ情報の参照等ができる
SE41 メニューペインタ:
SE38 ABAPエディタ:ABAPプログラムの開発や、ソースコードの参照等ができる
SE91 メッセージ更新:SAP上にメッセージクラスの登録、メッセージ内容の登録が可能。メッセージ内変数は、&1~&4まで指定可能
SHD0 トランザクション/画面バリアント

SAP エラー・ログ調査関連Tr-CD

SM20 監査ログ
SM21 システムログの調査
ST12 トランザクションアナリシス:パフォーマンストレースが取得できる
ST02 ロール/ページング領域と拡張メモリのチェック:現在のシステムパフォーマンス状況や、メモリの使用履歴(月単位等)を確認できる

SAP その他Tr-CD

SNRO 番号範囲オブジェクト更新:
SNUM
NRIV
SCI コードインスペクタ:
SPAD 出力デバイス設定
FILE 物理ファイルと論理ファイルのパス設定
RZ11 SAPプロファイルパラメータ参照・設定値確認
AL11 SAPディレクトリ:SAPサーバ上のファイルの中身を確認できる
CG3Y ファイルダウンロード:SAPサーバ上のファイルをダウンロードできる。AL11でフォルダパスを調べて、CG3Yでダウンロードするという形でよく利用する
SM49 外部OSコマンドの登録
OLE OLEインスタンスを利用した、ABAPでワード・エクセルの起動・停止を行うサンプルプログラム
SOLE OLEで利用できるApplicationの一覧を照会・更新できる(テーブルはTOLE)

いかがでしたでしょうか?その他よく使うトランザクションコードございましたら、コメント欄でご教示頂けると大変嬉しいです!

 この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます

 この記事を読んだ人は、稀に以下の記事も読んでいます

 人気記事らんきんぐ(。・ω・。)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。