2017
11.08
HNIMGL9701_TP_V4

[Windows] コマンドプロンプトで簡単にファイル一覧を作成する方法!

プログラミング

421 Views

「このフォルダの配下にあるファイル・フォルダ一覧を作成したい!」という機会はありますが、Windowsであれば、コマンドプロンプトでお手軽に作成できちゃいます!今回はその方法を紹介します(。・ω・。)

[Windows] コマンドプロンプトで簡単にファイル一覧を作成する方法!

1. フォルダ・ファイル全ての一覧を出力

ファイル・フォルダの一覧を作る際は、「dir」というコマンドを利用します。dirのコマンドに、おまじないの「/b/s」を追加すると、指定したフォルダ配下にあるファイル・フォルダが全て出力されます!

dir /b/s "[フォルダパス]"
 # 使用例
 C:\work>dir /b/s "C:\work"
 # 出力例
 C:\work\フォルダA
 C:\work\フォルダB
 C:\work\フォルダA\sample1.sql
 C:\work\フォルダA\sample2.sql
 C:\work\フォルダB\sample3.sql
 C:\work\フォルダB\フォルダBA
 C:\work\フォルダB\フォルダBB
 C:\work\フォルダB\フォルダBB\sample4.sql
2. ファイルのみの一覧を出力

ファイルのみの一覧を表示させる場合は、先程のおまじない「/b/s」を進化させて、「/b/a-d/s」にすると、ファイルの一覧のみ取得できます!

dir /b/a-d/s "[フォルダパス]"
 # 使用例
 C:\work>dir /b/a-d/s "C:\work"
 # 出力例
 C:\work\フォルダA\sample1.sql
 C:\work\フォルダA\sample2.sql
 C:\work\フォルダB\sample3.sql
 C:\work\フォルダB\フォルダBB\sample4.sql
3. フォルダのみの一覧を出力

逆にフォルダのみの一覧を表示させる場合は、おまじない「/b/ad/s」にすると、ファイルの一覧のみ取得できます!

dir /b/ad/s "[フォルダパス]"
 # 使用例
 C:\work>dir /b/ad/s "C:\work"
 # 出力例
 C:\work\フォルダA
 C:\work\フォルダB
 C:\work\フォルダB\フォルダBA
 C:\work\フォルダB\フォルダBB

いかがでしたでしょうか?サクッとできると仕事も効率化できるので、ぜひぜひご利用下さい!

 この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます

 この記事を読んだ人は、稀に以下の記事も読んでいます

 人気記事らんきんぐ(。・ω・。)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。